やあ、よく来たね。

遠慮せずに座ってくれたまえ。

どこにでも好きなように座ってかまわない。できる限り自由に過ごしてもらいたい。


共幻あかつき文庫が創刊して、もうすぐ一年になるんだ。

ゆっくり少しずつではあるけれど、面白い作品ばかりで書棚が埋められていく。

そんな楽しい光景を僕は眺め続けている。


同志の君たちの、実にさまざまな期待。

これを一つずつ研究しながら新しい色の可能性を試すのは、時としてひどく悩ましい仕事になるけれど。

今日も作家たちが、編集者たちが、悦楽のパイオニアである君たちを満足させるべく挑戦し続けている。

もうすぐまた、ナビゲーターの共春君から新作のご案内があるはずだ。


読む作品に迷ったら気軽に共春君に相談してごらん。

君にぴったりの作品を探してくれるだろうからね。



共幻あかつき文庫 編集長

天都とほる